ログハウスのデッキ工事です。造作作業(屋根)です。

いよいよ屋根工事にとりかかります。
本体の大屋根の勾配よりゆるくしてあります。(5寸です)
そのままの勾配でいくと天井がかなり低くなってしまいますので・・・・
ここまではほぼ一人で施工してきましたが、ここでは『きょん』が助っ人にきます。
ありがたいことです・・・

 

 

 


屋根材にもすべてレッドシダーを使用しました。
まずは柱に桁をのせて、垂木を3枚のパネルにして順番に施工していきます。
レッドシダーは比較的軽い材なので施工もはかどります。

 

 


あらかじめ垂木に切りかきをしていたところに横さんをいれていきます。
これは補強と下地を兼ねています。

 

 


鼻板・幕板の施工もおわったら、屋根材を取り付けていきます。
屋根材もポリカの波板(大波)やポリカの平板など色々考えましたが・・・・
結局『中空ポリカ』にしました。
強度もかなりあるようです。
あらかじめこの屋根材の大きさに合わせて割り付けた垂木の位置もバッチリです。

 


中空ポリカ』がなかなかいい感じ・・・・

 

 


施工方法は・・・・
まず垂木の上場に両面の防水テープを貼ってから中空ポリカを乗せます。
それから継ぎ目(1センチほどあけます)に上からさらに防水テープを貼ります。
さらにそのテープの上にレッドーシダーの縦さんを取り付けます。
先の部分にはアルミテープを貼って保護しておきます。
ここまでやっておくと雨漏りの心配はまったくありません。
すべるといけないので裸足で登っています。

 

 

 

屋根ができれば一安心です・・・
次の工程はフェンス・ベンチ・階段です。

屋根付きデッキ工事 menu

  1. トップページ
  2. ログハウスのデッキ工事前の様子
  3. 解体作業
  4. 造作作業(根太・床・柱)
  5. 造作作業(屋根)
  6. 造作作業(フェンス・ベンチ・階段)
  7. ログハウスのデッキ工事完了
  8. これまでにオーダーいただいた家具やメンテナンスなど

スポンサードリンク