お知らせ

玄米のこと・・日本人の原点です。

ゆるベジや粗食を実践していくと
やっぱり『玄米』のことははずせませんよね。

 

今よく耳にするマクロビオティックなどでも
必ずと言っていいほど玄米が紹介されています。

 

 

思い起こせば・・
私(kyon)の母方の祖父母は一生涯玄米を食べていました。

 

両親が共働きになった小学校の頃から
私はよくおばあちゃんちに預けられていたのですが
毎日圧力鍋で玄米を炊いていたのをよく覚えています。
その玄米を30回以上咀嚼して食べていました。

 

あとお肉類はほとんど口にしていなかったような・・・・

 

おじいちゃんもお酒は好きだったので決まった量を毎晩楽しんでいましたが
お肉はほとんど食べていた記憶がありません。
食べてもかしわ(鶏肉)くらいだったと思います。
あとは自家製の鮒寿司やちりめんじゃこ、ワカメなどの少しの魚介類ですね。

 

近所に広い土地を借りて、無農薬野菜作りをしていたおじいちゃんとおばあちゃん。
毎日の食卓にはそれらのお野菜と、玄米と、少しの魚。
お味噌、梅干、鮒寿司、お豆腐、パンなどすべてが自家製でおばあちゃんの手作りでした。
食生活はそんな感じだったと思います。

 

さすがに私には玄米を精米して白米を炊いてくれました。
あとお蕎麦もよく作ってもらいました。
風邪を引いたらアロエをすりおろして飲まされたり
げんのうしょうこを煎じて飲ませてくれました。
(でもこれらはとってもありがたいけど、かなり苦いのですよ。。^^;)

 

そして、今になってやっぱり思うのは
玄米のパワーはスゴイということです。

 

おじいちゃんは89歳、その後おばあちゃんは93歳で亡くなりました。
寂しいけど大往生だったのではと思います。

 

もし私たちが30代までのむちゃな食生活を続けていたら
とてもおじいちゃんたちの生きた寿命を全うできる自信はありません。。。汗
それにおばあちゃんは亡くなる間際でも髪の毛は長くて白髪は少なく黒髪のほうが多かったです。

 

 

つくづく日本人の食生活の基本はやっぱり玄米と伝統食なんだと思いました。
もちろん、それだけじゃない要素はあります。

 

でも、私たちのカラダを作っているのは
毎日毎日口にしている食べ物であることは間違いないのですから・・・。

 

 

ということで
とりあえず無農薬の玄米を手に入れて食べていくことにしました。

 

今まで食べていたお米は申し訳ないのですが
完全無農薬ではなかったので
炊くたびに精米し白米にしていました。

 

でもお米の大切な栄養はそのほとんどが玄米の状態で存在しているので
精米して白米になるとなんと5%しかのこらないそうです。

 

と当時に農薬などの有害物質も精米しないと
完全に取り除くことができません。

 

(このあたりは「玄米パワー」のところで詳しくお話できればと思います)

 

 

ですから、まるごと玄米の恩恵を受けるなら
『無農薬玄米』を手に入れて頂いていくことが大切だと思ったのです。

 

 

 

 

>>玄米パワー

玄米のこと・・日本人の原点です。エントリー一覧

完全栄養食品の玄米パワー

玄米のパワーを一番に感じるのは水に浸しておくと発芽するということです。次の世代を残せる種なんだというところですね。まずそこが白米と一番違うところです。白米はいわば身包みはがされ、ハダカの状態で放置されてるので栄養はほとんどなくなり、しかも酸化して無防備なのでカビなども生えやすいです。白米は甘みから口...

≫続きを読む

玄米クリーム

玄米パワーが理解できたらその摂取方法についても考えましょう。一般的に玄米を炊くにはかなりの手間と時間がかかると言われています。またよく噛まないとかえって消化によくないということもあります。玄米が炊ける炊飯器が必要だとか・・・たしかに手間をかけて炊いた玄米をよく噛んで食べることもおいしいものです。我が...

≫続きを読む

PR