お知らせ

家庭用精米機は必要です。

きょんの実家では農家さんに1年分のお米を玄米の状態で分けて頂いていました。

 

毎年お米の収穫時期になると実家と祖父母と2世帯分の玄米を
4俵とかまとめて分けて頂きました。
それを祖父母の家に保管しておいてもらって
必要な分をある程度まとめて精米して持ち帰り毎日のご飯を炊いていたのです。

 

ある程度まとめてといっても
田舎によくあるコイン精米機のように一袋30キロごとではなく
祖父母の家に精米機がありましたので
もっと小さい単位(スーパーの袋くらい)で小分けして精米していました。
ですからいつでも新鮮な白米を食べることが出来ていたのです。

 

ただ、一人暮らしをしていた頃や結婚後は精米機を買ってまで・・・と
白米を精米して送ってもらいそのまま米びつに保管していました。

 

すると・・・
でも季節によっては虫がついたり、カビが生えたりと
白米の管理が結構大変だったのです。
鷹のツメやニンニク、ワサビなど防虫防カビ対策グッズもまったくダメでした。
アパートやマンションの温度や湿度の状態もまずかったのでしょうね。(汗)

 

それでログハウスを建て移り住んだ頃にやっぱり必要だ!ということで
とうとう家庭用精米機を購入しました。

 

やはり・・・・精米したてのお米は本当に美味しいです!
いつでもつやつやふっくらです。

 

1回のご飯を炊く場合
まず精米機で4合分の玄米を白米にしてから
お米をといで、水につけて炊くだけですから
それほど手間はかかりません。

 

というかこれくらいの手間であの美味しいご飯がたべられるなら
まったく苦になりません^^

 

玄米のところでお伝えしたように
完全無農薬のお米でない場合は
精米して糠や胚芽部分についた農薬を取り去った方が安心安全
です。

 

家庭用精米機は分づきの調整もできるので
栄養価のことを考えて一時期は3〜7分づきにして炊いていたのですが
糠や胚芽のところにどうしても農薬が残留してしまうそうです。
これでは健康のために分づき米にしているのに
農薬を摂取して肝臓に負担をかけてしまうことになります。

 

それから、ご飯を炊くたびに精米するなんて面倒!という声を聞きますが・・・
例えばすぐに食べないのにまとめて10〜30キロもの玄米を白米に精米して置いておくと
どんどん酸化がすすんでしまい、オマケに見えにくいですがカビも生えてきます。
(そのカビが白かったりするので困りもの・・・)

 

それに不思議なのですが
夏場になると精米した白米の袋には
あの小さな白い幼虫クンがもぞもぞと発生し
その後羽化した小型の蛾が部屋を飛びまわって困ることがあるのに
玄米で保管しておいた袋にはまったく虫が発生しません。
玄米の状態は虫やカビや酸化からお米を守っているのだと思います。

 

ということで・・・
玄米で保管してその都度精米して炊くことをおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 白米で保管しておくと品質が落ちて美味しさと栄養が失われる。
  • 白米で保管しておくと無防備なので虫がつきやすくカビも生えやすい。
  • 古い白米も精米することで美味しさが蘇ります。(友人の体験による)
  • 玄米をまとめ買い(1袋30キロなど)して保管しておいたほうが品質が変わりにくい。
  • (実際2年前に収穫された古古米もその都度精米して美味しくいただきました)

  • 無農薬の玄米が手に入らない場合は白米に精米して食べたほうが安心。
  • 無農薬玄米の場合に限りますが、小さいお子さんには食べやすい分づき米や胚芽米にすることができる。

 

あなたもぜひ家庭用精米機を活用して美味しいご飯ライフを送りませんか^^

 

そしてもし無農薬玄米が手に入るなら・・・
大人から子どもまで簡単に美味しく食べられ、しかも健康になれる玄米クリームをぜひぜひお試しくださいね!

 

 


 【送料無料!】【smtb-k】【ky】 NEW お米じまんV SD-5000

PR