南側にデッキ増設|Loghouse

2Fに収納付き間仕切壁を増設しました。

2007年の6月、『こっちゃん』が3歳のときのことです。
これまでは夜ドーマーのデスクでパソコン仕事をしていると明るくて寝にくいことが多く・・・・
せめてパーテーションスクリーンを置いて対応していました。
結局、2階の寝室スペースとドーマー側のスペースを仕切るために壁を増設しました。
せっかくなので収納スペースも兼ねて製作しました。

 


まずは下地の施工からです。
ドーマー側から寝室を見たところ。
1階もそうですが建築当初は何も仕切りをせず住みながら考えようと決めていました。
奥が自分たちのベッドで手前が『こっちゃんのベビーベッド』です。

 


階段を上がってきたところからの様子です。
パインの羽目板を利用して側板を作りました。

 


下地ができたら壁材を張っていきます。
壁材にはパインの羽目板(13*105)を使用しています。

 


壁が張れました。
画像では分かりにくいですがディスプレイできるように壁の途中に段差を付けて棚にしています。

 


側板の上にある平天井の切れ目は天井裏収納の入り口部分です。

 


寝室側は棚を設けて大容量の収納スペースになっています。
子供の洋服などどんどん物が増えていきますので・・・・

 


側板につなげてさらに収納スペースを作りました。
ちと訳ありです・・・・

 


階段から上がってきたところの様子です。
この下の収納部分にはたくさんある『こっちゃん』の絵本を置きます。
けっこうな数がはいります。

 


絵本の収納スペースの上につけた太い丸棒は・・・・・

 


絵本スペースの端をハシゴのようにしてこの丸棒を持てば登り下りすることができます。

 


一番上の棚に腰掛けて屋根裏収納のふたが開けられます。
これまでは、ここをさわる時はわざわざ脚立を持ってきていました。
ですので、これがすごく便利なのです。

 


収納棚の位置も決まりました。

 

あとりえどりーの家具や造作は暮らしはじめて必要になったときに作られています。
住みながら使い勝手を考えて作られていますのでホントニいいものができます!
ですからご依頼いただくお仕事の打ち合わせはかなり突っ込んだところまで行います。

Loghouse*topへ戻る

スポンサードリンク