Loghouse用テンプレート

吹き抜けの一部に床を造り、アトリエを増設した様子です。

小学校へ入学するため、2010年の春『こっちゃん』に学習机が必要になりました。

 

ってことで、1階の『きょん』のアトリエスペースを『こっちゃん』の机にすることに・・・
で、新たに『きょん』のアトリエを増設しました。

 

ちょうど『きょん』の誕生日が4月なのでこれに合わせて製作しました。
いわゆる誕生日プレゼントです。

 

限られた空間のなかで色々考えて吹き抜けの一部を利用することに決まりました。

 


建築当初吹き抜け部分にログの梁を2本伸ばしておきました。
この梁の間に2*6で根太を組んでパインの床材(20*135)を張っていきます。

 


1階では『こっちゃん』がWiiFitをして遊んでいます。

 


床材を張っています。
厚みがあるのでかなりしっかりしています。

 


床が張れて足場ができたところで寸法をしっかり測って壁の設計をします。

 


まず壁の下地を施工します。
ちょうど天窓があるところなので、うまく部屋に光を取り込めるようにしています。

 


壁材にはシルバーパインの羽目板(13*105)を使用しています。

 


天窓からしっかり光が入ってきています。
L型の壁にして正解だったようです。

 


両面とも壁が張れました。
まわりの壁が焼けていることがよく分かります。
すぐに馴染むでしょうが・・・・

 


床材を利用して作業カウンターを製作しました。
サイズは540*2845です。
これだけ広いと十分でしょう!
カウンターの下にも棚をつけ生地などたっぷり収納できるようにしました。

 


寝室側からです。
しっかり日差しを取り込んでいます・・・・
昼間の作業は照明がいらないでしょう。

 


後ろ側は縦格子の柵と奥は収納棚にしました。
なかなか面白い空間になってます!
この横が書斎になっています。
あれこれとできて動線もバッチリです。

 


ちなみにこちらがドーマーを使った書斎です。
2007年に製作しました。
このドーマーからはきれいな琵琶湖が望めます!

 


この収納棚の側に利用したのは以前『こっちゃん』のベッドの柵に使われていたものです。
何かに使えるだろうと残しておいたものです。
うまく再利用できて何よりです!
奥の壁に飾ってあるのは糸ラックです。

 


好きなものたちに囲まれたいい空間になりました。
これで『きょん』の作業もはかどることでしょう!

 


『こっちゃん』のお勉強スペースもバッチリです!
実は新しいアトリエができた時、「こっちゃんこっちがいい・・・」と『きょん』にせがんでいました。

 

 

うまく限られたスペースを利用でき、素敵な空間作りができました。
『きょん』も大満足のようです!


新館Top Loghouse Work Healthy CountryLife Books Mail